闇金に香る

【闇金に香る嘘   下村敦史】

27年間兄だと信じていた男は何者なのか?村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。竜彦は偽者なのではないか?全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う―。第60回江戸川乱歩賞受賞。 (「BOOK」データベースより)

全盲の主人公視点で書かれている。全盲ゆえの謎や恐怖、不安がよく伝わってくる。
謎は闇の世界の中で繰り広げられる。視覚に頼ることができない展開ではあるが、見えないことを理由にしたご都合主義は感じられない。
見えないゆえに主人公が抱く疑問や伏線も、見事に回収されている。

謎解き部分が科白による長い説明で少々強引に感じたところは残念。しかし面白かった。

その他、以前からのお気に入りである「らいちシリーズ 早坂吝」「閻魔様シリーズ 佐藤青南」が面白かったのは言うまでもない。

コメントを残す

*

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ