連帯保証人になった経験

長男が夫の子供でないので、後ろめたさから連帯保証人になったのか。
そして現在、元夫はその借金を返済できずに彼女が返済しているのだろうか。
ああ、余計な一言がいろいろと想像させてくれることになる。

私の父もそうだったから、顔見るとわかるのだけど、突然怒る体質の男性って確かにいる。
怒り方も様々で、そこにスイッチが入ると手がつけられない。

それが強い。特に怒鳴ったり、引っ叩くタイプだと感じた。

けれどスイッチさえ入れなければ優しい人、穏やかなな人、頭のいい人が多いし、スイッチは大抵、家族しか入れられないシステムになっている様でもある。

家庭内暴力をたまに噴火させていたとしても、それを上回る芸能界人だったと思われるし、お母様はお嬢様風味ではあるけれど、やはり世界に精通しているお父上、この家族に生まれて、そうそう世間を知らないで育つわけには行かないだろう。

だからハワイとか、南カルフォルニアとか、イギリスに逃げる人が多いのだと思う。
日本は未成年の外出に大らかで、環境的に守りきれない親の仕事関係の人間関係があったりもする。
南カルフォルニアや、イギリスなどで育った人は大抵こう言う。

大学に行くために日本に来て、初めて遊んだって思う。あちらではこんなに自由に外出なんて出来なかった。
ハワイはわからないけれど、特にアメリカなどはライブさえ保護者同伴、彼氏同伴。車送迎。
それにとても高いから、高校生で行くなんて、ちょっと悪くてお金稼げる人らしく。

普通の高校生などは地元のコピバンで、地元パーティー。勿論、彼氏同伴の、門限付き。
大体8時とか、9時には終わってお家に帰る、、、なんじゃ?どこに楽しみがあるんだ?
ま、そんな中でもキスしたりなんなりと、限られた中での何かしらはあるらしいですが、、

つまり、華やかな街に出かけるなんて子供だけではなかなかあり得ない。と言います。

コメントを残す

*

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ